1.元会社員の司法書士が無料相談から直接対応します。

面談1
 たくさんの司法書士、スタッフがいる大手の事務所では、相談に行くまで誰が対応してくれるのかわからないことが多いでしょう。横柄だったり、事務的な対応をされるかもしれません。
あなたは、腕を組みふんぞり返った高圧的な専門家に、放置してしまった借金の消滅時効について相談できますか?
平常心で言いたいことが言え、聞きたことがきけますか?
私ならできません。
 当事務所では、無料面談から100%西村が対応いたします。
西村は元々は普通の会社員。その後無職やフリーターを経て司法書士になった人間です。
だから話しやすいのです。
 あなたは伝えたい事を伝え、尋ねたいことを尋ねることができます。
話しにくい借金のことだからこそ、話しやすい専門家に相談することが重要です。

 

2.費用は3か月以内の分割払いが可能です。

消滅時効援用の費用は一括前払いの事務所が多いです。
借金を5年以上滞納されている方からの依頼ですから、費用を支払っていただけないリスクを考えるとそれも当然のことかも知れません。
しかし、私どもの依頼者様に限って言えば、分割でもみなさんほぼ約束通りお支払下さっております。
当事務所を信頼してご依頼下さるわけなので、当事務所もご依頼様を信頼して、分割払いに対応します。

 

3.平日夜、休日にもご相談いただけます。【予約制】

平日は10時から20時まで
以下の休日相談日には10時から17時までの間、借金の消滅時効援用について面談での相談(初回無料)をお受けいただけます。
大阪市北区にある当事務所へご来所可能な方は、事前にご予約の上、お仕事帰りやお休みの日にお立ち寄り下さい。

【休日相談日】 
平成29年9月:3日(日)、10日(日)
平成29年10月:8日(日)、15日(日)、29日(日)

①10:00~ ②11:30~ ③13:00~ ④14:30~ ⑤16:00~
※休日相談日当日の受付はしておりませんので、前営業日(平日)の18:00までにお電話または予約フォームからご予約をお願いいたします。

 

4.時効について解説した動画があります。

「ネット上には情報がありすぎて逆に混乱してきた。」
「文章を読むのにもう疲れた。」
「どこの事務所も一緒じゃね?」
そんなときは、動画を見てみてはいかがでしょうか?
自ら能動的に文章を読まなければならないホームページと異なり、動画は再生さえすれば目と耳から情報が入ってきます。
見る人の負担は軽く、わかりやすさは動画の方が数段上です。
また、動画を見れば、専門家の声、話し方が事前にわかりますから、事務所選びの大きな判断材料になることでしょう。
ホームページだけでなく、動画でも比較してみて下さい。

借金の消滅時効援用動画

5.消滅時効が成立したかどうかの確認を怠りません。

電話確認

 事務所によっては、やることは内容証明を送るだけで、「しばらく待ちましたが、債権者から連絡がないので、もう大丈夫です。」と業務を終了してしまうところもあるようです。
しかし、当事務所が取り扱った事案では、債権者の人員の関係で社内調査が追いつかず締め切りまでに返答できなかっただけで、実際に確認してみると時効中断事由があり消滅時効が成立していないケースもありました。
 当事務所では、できるかぎり債権者から契約書の返却を受けたり、債務不存在証明書、残高0円の残高証明書など、消滅時効が成立したことがわかる書面を取得しています。
書面が取得できない場合でも、それで終わりにするのではなく、当事務所から債権者に連絡を取り、「時効成立で社内処理したのか」をきちんと確認し、その日時、担当者の名前を控えております。
ご依頼を受けた代理人だからこそ、最後まで責任をもって消滅時効成立の確認を取り、あなたに安心してもらいたいのです。

6.手書きのお客様の声があります。

 あなたは、インターネットで買物をするときやレストランを探す時、口コミやレビューを見ませんか?
私はよく見ます。全てを信じることはできませんが、有益な判断材料になります。それは、消滅時効の援用の依頼先探しでも同じです。

 消滅時効のホームページによっては誰が書いたのかわからない上手な文章が数人ならんでいるだけのこともありますが、当事務所のホームページには、依頼者様が手書きで記入して下さった「お客様の生の声」を掲載しております。
依頼者様は解決したとき、本当に感謝してお書きくださっているのですが、「ちょっと良く書きすぎだなあ」と私が思うものもありますので、3割減くらいで冷静に読んでいただければと思います。

→【お客様の生の声】はこちら

7.借金の消滅時効援用にかける西村の想い

 私は借金の時効について次のように考えています。
 「借りたものは返すのが道理」そのとおりだと思います。
 しかし、長い人生の中では、誰しもリストラ、給料カット、退職、病気などの不幸なきっかけにより払えなくなることはありえます。あなたも好き好んで借金を放置した訳ではないはずです。本来なら、払えなくなった時点で司法書士や弁護士に破産などの債務整理を依頼していれば今頃借金の問題は解決していたはずです。そう、こんなに長期間悩む必要はなかったのです。もうあたなは充分悩んだのではないのでしょうか。
 今回、お手続きにより借金の消滅時効が成立すればそれに越したことはありませんが、仮に消滅時効にならなかったとしても、司法書士や弁護士であれば、遅延損害金の減額や分割返済の交渉により、あなたの借金は解決に向かいます。
 借金に怯える生活に終止符を打ち、あなたやあなたの家族が明るく毎日を過ごすためのお手伝いを私たちはしたいのです。
 専門家に相談するというあなたの少しの勇気が解決への大きな一歩になります。

【動画は音声が出ますので、ご注意ください。】