• 「債権譲渡および債権譲受通知書」は「親展」「重要書類在中」と書かれたパルティール債権回収の封筒で届きました。
  • 圧着ハガキで届くこともあります。
  • 譲渡人はアプラス、譲受人がパルティール債権回収、つまり、アプラスからパルティール債権回収に債権譲渡があったということでした。
  • 譲渡人が更正会社TFK(旧武富士)や楽天カードのケースもあります。
  • 「債権譲渡および債権譲受通知書」には、原債権者、主債務者、契約日、初回貸付金額、債権譲渡日はかかれていましたが、最終取引日の記載はありませんでした。
  • 債権譲渡があっても、時効は中断しません。
  • ご記憶から5年以上取引がない場合、時効が成立する可能性がございます。
  • ただし、5年以内に、少しでも返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合は除きます。
  • 時効期間が経過していても、債権者に連絡して債務を認めるような発言をしてしまうと、時効が中断し、時効期間が0クリアされる恐れがあります。
  • 電話での会話は録音されている可能性があります。
  • 借金の時効を成立させるためには、適切に時効を援用(主張)する必要があります。時間が経てば自動的に成立する訳ではございません。
  • 時効の可能性があるようでしたら、パルティール債権回収に連絡する前に、まずはお近くの司法書士か弁護士にご相談されることをおすすめします。
  • 大阪市にある当事務所(南森町駅1番出口から徒歩2分)に来所可能な方は、当事務所でも無料相談を受け付けております。お気軽にお電話もしくはフォームからご連絡下さい。

 

→『パルティール債権回収㈱』へ時効を援用し解決したお客様の声はこちら