• パルティール債権回収から「ご入金のお願い」が圧着式のハガキで届きました。
  • 旧債権者は帝人ファイナンス(新生セールスファイナンス)、アプラスでした。
  • 「譲受債権の内容」欄にある「支払の催告に係る債権の弁済期」が時効期間を経過しているかを判断するにあたり参考になりそうなものですが、債権譲渡日と同じ日付が記載されていました。
  • 債権譲渡があっても、時効は中断しません。
  • 「契約年月日」が書かれていますので、いつごろまで返済していたかを思い出していただき、5年以上取引がないのであれば、時効が成立する可能性がございます。
  • ただし、5年以内に、少しでも返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合は時効期間が経過していないと考えられます。
  • 時効期間が経過していても、債権者に連絡して 返済の猶予を求めるなどの発言をしてしまうと、時効が中断し、時効期間が0クリアされる恐れがあります。
  • 電話での会話は録音されている可能性があります。
  • 借金の時効を成立させるためには、適切に時効を援用(主張)する必要があります。時間が経てば自動的に成立する訳ではございません。
  • なお、パルティール債権回収は「ご入金のお願い」の送付後に、突然自宅まで訪問するケースが多々ございます。宅配便などと間違えて安易に対応し、言質を取られないようにご注意下さい。
  • 時効の可能性があるようでしたら、パルティール債権回収に訪問される前に、まずはお近くの司法書士か弁護士にご相談されることをおすすめします。
  • 大阪市北区にある当事務所(南森町駅1番出口から徒歩2分)に来所可能な方は、当事務所でも無料相談を受け付けております。お気軽にお電話もしくはフォームからご連絡下さい。

 

→『パルティール債権回収㈱』へ時効を援用し解決したお客様の声はこちら