A はい。追加費用をお支払いただければ、個人再生申立に移行できます。

時効が成立しなかった債務が多く残った場合、個人再生を申し立てるという選択肢がございます。
その場合は、既に時効援用手続き用にお預かりした費用を個人再生申立費用に充当することができます。
差額をお支払いいただければ結構です。分割払いも可能です。

個人再生申立の費用はこちらをご参照下さい。

個人再生申立 | 債務整理のページ