ギルドの元債権者

  • 元々の債権者は信和(スマイル)、山陽信販、ハッピークレジット(スカイ)、トライト、ヴァラモスなどです。

ギルドの訴状

  • 大阪簡易裁判所からギルドの訴状が届くことがあります。
  • ギルドは時効期間が経過している場合でも裁判を起こしてくることがあります。
  • 裁判所からの訴状は「特別送達」といって、書留のように受取りに印鑑が必要です。
  • 留守中に配達があった場合は不在票が入っています。

ギルドの訴状から時効を判断するには

  • 訴状の【請求の原因】の中に『期限の利益を失った日』が記載されています。
  • また、【計算書】から『最後の取引日』がわかります。
  • 『期限の利益を失った日』、『最後の取引日』の新しい方から5年以上経過している場合、裁判上で時効を主張することにより、消滅時効が成立する可能性がございます。

ギルドから訴状が届いた時にやってはいけないこと

  • 放置すること。
  • 時効期間が経過している借金であっても裁判所の呼出状を無視して放置すると、裁判所でギルドの請求が認められ、時効期間が裁判確定から10年になります。
  • 裁判が確定すると、給与を差押えられたり、動産執行といって家に執行官がやってきて家にある金目の物を差押えられたりする恐れがあります。

ギルドから訴状が届いた時の対処方法

  • 訴状が届いた場合は、慌てず、速やかにお近くの司法書士または弁護士に時効の援用が使えないかご相談下さい。(期日まで時間がない場合、対応してもらえないおそれがあります。)
  • 裁判上で時効を主張し、ギルド側に反論がない場合、通常、裁判は取下げられます。
  • 大阪市にある当事務所(南森町駅1番出口から徒歩2分)に来所可能な方は、当事務所でも無料相談を受け付けております。
  • 実際に訴状を見ながら、司法書士が相談に応じますので、お気軽にお電話もしくはフォームからご予約をお取り下さい。

 

→『㈱ギルド』へ時効を援用し解決したお客様の声はこちら

→【ご相談予約】はこちら