• アコムの「催告書」は圧着ハガキで届く場合と封書で届く場合があります。
  • 事件番号の記載はありませんが、冒頭に「裁判所を通じて調停(和解)が成立し債務金額が確定しました」と記載されており、(特定)調停や裁判上の和解などの裁判手続きが成立していると考えられます。
  • <ローンご契約内容>欄の「示談締結日」が裁判手続きが成立した日付のようです。
  • 通常、分割払いの調停や和解には「2回分以上遅れたら期限の利益を喪失する」などのように期限の利益喪失条項が定められています。
  • 期限の利益が喪失してから(上記の例だと2回分遅れてから)10年以上取引がない場合、時効が成立する可能性がございます。
  • ただし、10年以内に、少しでも返済していたり、強制執行などの裁判手続きが行われていたりする場合は時効期間がそこからさらに10年に延長されています。
  • 時効期間が経過していても、債権者に連絡して債務を認めるような発言をしてしまうと、時効が中断し、時効期間が0クリアされる恐れがあります。
  • 借金の時効を成立させるためには、適切に時効を援用(主張)する必要があります。時間が経てば自動的に成立する訳ではございません。
  • 時効の可能性があるようでしたら、アコムに連絡する前に、まずはお近くの司法書士か弁護士にご相談されることをおすすめします。
  • アコムからの催告書などの書類は捨てずに保管しておいて、相談時に持参して見てもらうとよいでしょう。また、調停調書や和解調書を保管している場合は、一緒に持参しましょう。
  • 大阪市にある当事務所(南森町駅1番出口から徒歩2分)に来所可能な方は、初回無料で当事務所にご相談いただけます。お気軽にお電話もしくはフォームからご予約下さい。

→『アコム』へ消滅時効を援用したお客様の声はこちら