• アコムからの「法的手続きの予告書」は圧着式のハガキや封書で届いています。
  • 「お客さまに対する下記の弊社求償債権について、下記の残債務を平成◯年◯月◯日までにご返済がない場合には、裁判所に法的手続きの申し立てを行う予定です。・・・」と書かれていました。
  • DCキャッシュワンなどの保証会社をしていたアコムがお客さまの代わりに支払ったため、アコムが求償権という新しい債権を取得していました。「法的手続の予告書」の『求償権取得日』と『返済期日』のうち、新しい方の日付から5年以上経っていると時効援用により、返済義務が消滅する可能性があります。
  • ただし、5年以内に返済していたり、示談を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合は時効期間が経過していないと思われます。
  • 口頭でも債務を認める発言をしてしまうと、時効が成立しなくなる可能性がありますので、アコムに連絡する前にお近くの司法書士弁護士にご相談下さい。
  • 大阪市北区にある当事務所に来所可能な方は、当事務所でも無料相談を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。
  • この「法的手続の予告書」を弊所にお持ち頂いたお客さまは、消滅時効が成立しました。

 

→『アコム』へ消滅時効を援用したお客様の声はこちら