「時効援用の相談・依頼」の記事一覧

Q 時効援用をお願いしたら、過払い金が発生していました。請求してもらえますか?

時効援用の相談・依頼

A はい。過払い請求を行います。 過去にグレーゾーン金利で取引をしていた場合、債権者から提出のあった取引履歴を計算し直すと、過払い金が生じているケースがございます。 最終取引から10年以内であれば、過払い金を請求すること・・・

Q 時効が成立しなかった時、費用を払えば、個人再生申立書作成をお願いできますか?

時効援用の相談・依頼

A はい。追加費用をお支払いただければ、個人再生申立に移行できます。 時効が成立しなかった債務が多く残った場合、個人再生を申し立てるという選択肢がございます。 その場合は、既に時効援用手続き用にお預かりした費用を個人再生・・・

Q 時効が成立しなかった時、追加費用を払えば自己破産申立をお願いできますか?

時効援用の相談・依頼

A はい。差額をお支払いただければ、自己破産申立に移行できます。 時効が成立しなかった借金が高額の場合は、自己破産を申し立てるという選択肢がございます。 その場合、既にお支払いいただいた費用を自己破産申立て費用に充当し、・・・

Q 土日も営業していますか?

時効援用の相談・依頼

A 月3~4回、休日相談日を設けています。 月に3~4回、休日相談日を設定し、ご相談をお受けしています。 (休日相談日以外の土日は家族サービスに励んでおりますので、休日相談日にはお気遣いなく、お気軽に予約をお取り下さい。・・・

Q 分割払いの場合、全額の支払が終わるまで手続きを進めてもらえないのでしょうか?

時効援用の相談・依頼

A いえ、契約通り支払いをしてくださっている限り、手続きはどんどん進めます。 借金を長期間滞納されている方が相手ですから、「全額の支払があるまでは手続きを進めない」という方針の事務所さんも多いと聞きます。しかし、当事務所・・・

Q 司法書士さんへ消滅時効援用の手続きを依頼できるのは、1社あたりの元金が140万円までですか?それとも利息、遅延損害金も含んだ金額が140万円までですか?

時効援用の相談・依頼

A 1社あたりの元金が140万円までなら司法書士へ依頼いただけます。 司法書士が代理できる「訴訟や紛争の目的の価額(上限140万円)」の計算には利息や遅延損害金は含まないからです。

ページの先頭へ