• お客さまが帰宅すると、封筒に名前と親展と書かれた封筒がポストに入っていたそうです。
  • 留守中に訪問されたようです。
  • この「ご連絡」には「前略 先日、お手紙でもご連絡いたしましたが、ご返済もご連絡もいただけませんので、お伺いいたしました…」と記載されていました。
  • 時効の期間が経過しているかを判断するのに必要な「最終取引日」等の記載はありませんでした。
  • ご記憶から約5年以上取引がない場合、時効が成立する可能性がございます。(ただし、5年以内に、少しでも返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合は除きます。)
  • 時効期間が経過していても、債権者に連絡して債務を認めるような発言をしてしまうと、時効が更新(中断)し、時効期間が0クリアされる恐れがあります。
  • 訪問された時に少しでも支払ってしまうと時効は更新(中断)します。
  • 借金の時効を成立させるためには、適切に時効を援用(主張)する必要があります。時間が経てば自動的に成立する訳ではございません。
  • 時効の可能性があるようでしたら、エイワ連絡する前に、まずは司法書士か弁護士にご相談されることをおすすめします。
  • 当事務所でも無料相談を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。
  • ちなみにこのエイワの「ご連絡」をお持ちになった方は時効が成立しました。

「借金が時効で消滅するなら、手続きしたいけど・・・」
「時効にならないのなら費用のかかる手続きはしたくない・・・」
こうした悩みをお持ちの方は、次の「友だち追加」ボタンから気軽に無料相談予約をお取り下さい。
無料相談では、あなたが受け取った通知書を基に、司法書士が丁寧に状況をヒアリングし、借金が時効で消滅する可能性について詳しくご説明いたします。
時効による解決が見込める場合に限り、そこから先の手続きについてお任せ頂ければと思います。

【土日祝】も相談可友だち追加【着手金1000円引き】クーポン配布中

※LINEをご利用でないお客様はフォームからご予約いただけます。
LINE・フォームのどちらも利用できないお客様は電話受付時間内(平日9:30~18:00)お電話で相談希望日時をお知らせ下さい。

どこに相談してよいかわからないお客様へ

このHPを見て下さったのも何かの縁です。
まずは、当事務所への相談を検討してみてはいかがでしょうか。
他のお客様が当事務所を選んで下さった理由は以下のページからご確認いただけます。