• 圧着式のハガキや封筒で届きます。
  • 銀行、信金、保証会社、携帯会社、SBIカード、全日信販など、非常に多くの債権者から債権譲渡を受けたり、債権管理回収業務を受託して請求してきます。
  • 当事務所にご相談いただく方の多くは「福岡サービシングセンター」から送られています。
  • 「請求書」には「契約日」は書かれていますが、「約定返済日」や「最終返済日」が書かれていないケースがございます。
  • お客様のご記憶をさかのぼっていただき、最後の返済から5年以上経過していると消滅時効を援用することにより、返済義務がなくなる可能性があります
  • ニッテレ債権回収に連絡する前にお近くの司法書士、弁護士にご相談下さい。
  • ただし、5年以内に、一部でも返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合は除きます。

 

→『ニッテレ債権回収㈱』へ時効を援用し解決したお客様の声はこちら