A 債権譲渡があっただけでは時効は中断しません。

債権譲渡は時効中断事由ではありません。
時効の期間を計算するにあたっては債権譲渡がなかった場合と同様にお考えいただければけっこうです。