• アビリオ債権回収は時効期間を経過している債権についても訴訟を起こしてくることがよくあります。
  • 元の債権者はプロミス(今はSMBCコンシューマーファイナンス)レイク(今は新生フィナンシャル)などです。
  • 「訴状」は裁判所から届きます。
  • 「訴状」を受け取った後でもきちんと対応することにより、消滅時効を援用することは可能です。
  • 「期限の利益喪失日」から5年以上経過していると消滅時効を主張することにより、返済義務がなくなる可能性があります。
  • 「期限の利益喪失日」が債権譲渡時点となっている場合は、「最終入金日」と証拠として添付されている「契約書」から「最終弁済期日」を算出し、そこから5年以上経過していると時効が成立する可能性があります。(このあたりは、司法書士か弁護士に見せて相談するのがよろしいかと存じます。)
  • 訴状が届いた場合はアビリオ債権回収に連絡する前に、すぐにお近くの司法書士または弁護士にご相談下さい。(期日まで時間がない場合、対応してもらえないおそれがあります。)
  • 無視すると、時効期間が経過している債権であっても、裁判所で認められ、時効期間が裁判確定から10年になる可能性が高いです。
  • 大阪市北区(南森町駅1番出口から徒歩2分)にある当事務所に来所可能な方は、当事務所でも 消滅時効援用についての無料相談を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。

 

→『アビリオ債権回収』へ消滅時効を援用したお客様の声はこちら

関連動画

  • 音が出ますのでイヤホンをしてから再生してください。
  • 精神的に疲れていて文章が頭に入ってこない時は特に、動画も合わせてご覧いただくとわかりやすいです。