• 子浩法律事務所からの「通知書」は三菱UFJニコス、MUニコス・クレジットから債権の管理を受任した代理人としての通知です。
  • ハガキで届くことが多いようです。
  • たとえ時効期間が経過していても、時効を援用するまでは債権は消滅していませんから、請求することに何ら問題はありません。
  • 債権の詳細は書かれていないことが多いです。
  • お客様のご記憶を遡っていただき、最後の取引から5年以上経過していると消滅時効を援用することにより、返済義務がなくなる可能性があります
  • 代理人法律事務所に連絡する前にお近くの司法書士、弁護士にご相談下さい。
  • ただし、5年以内に、一部でも返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合は除きます。