A 1~3ヶ月で解決するのが通常です。

 請求書などの資料が保管されていて時効期間が経過していることが明白な場合はすぐに内容証明で時効を援用しますので、2~3週間で解決します。

 一方、資料が乏しい場合は、債権者から取引履歴を取り寄せてから時効期間が経過しているか判断した上で、時効を援用しますので、依頼から解決まで1~3ヶ月見ていただければと思います。