A 次のような現在の状況を聞かれるようです。

電話番号

携帯電話の番号は必ず聞かれるでしょう。
いつでも督促ができるようにするためです。

勤務先

勤務先がわかれば、判決を取った後、給与の差押ができますので、回収を確実なものにできます。

勤務先電話番号

携帯電話で連絡が取れなかった時のために、勤務先の連絡先を聞いておけば、あなたと連絡が付く可能性はぐっと上がります。

収入

毎月どのくらい返済できるか判断するためです。

今払える金額

債権者としては訪問までしている以上、手ぶらでは帰りたくありません。
少額でも回収して、時効を中断させたいはずです。

返済予定

その場で全額支払える人はまずいません。

今後の返済予定を約束させたり、債務を認める書類に署名をもらったり、債務を認める発言を録音したいはずです。

債権者以外の会社が訪問してきた場合

配達担当者など債権者からの依頼を受けて訪問したきた場合は、債権者に電話するよう促されるようです。

電話すると上記の事を聞かれるようです。