写真はイメージです。

Iさんは、とある債権回収会社の請求書を手に来所されました。

家族から家を買いたいとせっつかれているが、10年以上支払えていないところが何社もあり、ブラックが確実だろうから購入に踏み切れないでいるとのことでした。

時効が成立した場合でも、すぐに情報が削除されるとは限らないこと、住宅ローンの審査では信用情報以外にも年収、勤務年数、物件の担保価値などが考慮されるので、時効が成立したからといって直ちに組めるものではないことを説明しました。

Iさんは、すぐに住宅ローンが組めないとしても、このままでは何も変わらないので、援用手続きをしたいとのご意向でしたので受任しました。

支払督促により債務名義を取られている会社がありましたが、確定から10年以上経過していたので時効が成立しました。

他社は債務名義はなく、全社時効が成立しました。

その後、個人信用情報を取得してもらうときれいになっていたことから、住宅購入の手続きを進めたそうです。

すると、複数の銀行から住宅ローンの融資審査のOKをもらい、最終的に1つの銀行で住宅ローンを組み、無事住宅を購入できたとのことでした。

「家族のためにも、ますますしっかり働いて返済していきます!」と力強く語るIさんでした。

 

 

消滅時効の援用後に住宅ローンが組めた事例2

Q 時効が成立した後、CICの個人信用情報はいつ削除されますか?

Q 時効が成立した後、JICCの個人信用情報はいつ削除されますか?