A 1社あたりの元金が140万円までなら司法書士へ依頼いただけます。

司法書士が代理できる「訴訟や紛争の目的の価額(上限140万円)」の計算には利息や遅延損害金は含まないからです。