オリンポス債権回収 アウロラ債権回収への時効援用の口コミ・評判

ある日、突然簡易裁判所から支払督促が自宅に届きました。

月に1、2度督促状が届いていたのですが時効が成立していると、思っていたのでそのままにしていました。
消滅時効の援用の手続きをしなくては時効が成立しないことは分かっていたのですが、自宅訪問や裁判所へ訴えるなどの文面もただの脅し文句ぐらいにしか思っていなかったので大変驚きました。
2週間以内に異議申立てをしなければ請求が確定してしまうとのことなので慌ててSNSで色々と調べているうちに1週間が過ぎて、気持ちばかりが焦っていました。

そんな時、西村先生のHPに辿り着き金銭的にもリーズナブルでコロナ禍でLINEを使ったやりとりというのも、現在の状況に適しているのかなあと思いました。
今までLINEは面倒なので利用していなかったのですがこれをきっかけにLINEデビューしました。

裁判の取下書が届いた時は、久しぶりに、安心を貰いました。

西村先生、今回の件は、本当にありがとうございました。

先生に頼んで良かったです。

時効援用の相手方

  • オリンポス債権回収(委託者:ラックスキャピタル・ディックファイナンス分)
  • アウロラ債権回収(キャスコ分)
    →時効成立

司法書士西村竜也からのメッセージ

オリンポス債権回収から「支払督促」を起こされ、アウロラ債権回収からは「分割和解のご提案」が届いたということでご相談をお受けしました。
オリンポス債権回収からは支払督促が届く前に度々督促状が届きます。
督促状に書かれている自宅訪問や裁判所に訴えるというのはただの脅しではなく本当に行われます。
債権回収会社は債権の回収(あなたからお金を取り立てること)を専門にしている会社なのですから当然のことです。
今回無事に二社とも解決しましたのでもう借金の取り立てに悩むことはありません。
これからはよりお仕事に集中できるはずです。
この度はご依頼いただき、こちらこそありがとうございました。

あきらめるのは、無料相談を受けてからでも遅くはありません。

あわせてよく読まれている記事

オリンポス債権回収からの請求を放置していると裁判所に「支払督促」を申し立てられることがよくあります。
裁判所の「支払督促」を放置するとあなたの給料や銀行口座を差し押さえられる恐れがあります。
「支払督促」に対する異議申立て期間は2週間しかないことに注意が必要です。

→【オリンポス債権回収】の「支払督促」が裁判所から届いた時の対策はこちら