• 旧債権者名:ぷらっと、クオークローン、クラヴィスなどです。
  • 有限会社エフエムシーなどから委託を受けての請求です。
  • 請求債権明細書には期限の利益喪失日や最終取引日の記載がないことが多いため、ご記憶を振り返って5年以上取引がないか思い出してみて下さい。
  • 5年以上取引がない場合、時効が成立する可能性がございますので、債権者に連絡する前に、お近くの司法書士、弁護士に相談してみて下さい。
  • ただし、5年以内に、返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合は除きます。
  •  時効期間が経過していても、債権者に連絡して債務を承認するような発言をしてしまうと、時効が中断する恐れがありますので時効の可能性があるようでしたら、まずはご相談されることをおすすめします。
  • 大阪市にある当事務所(南森町駅1番出口から徒歩2分)に来所可能な方は、当事務所でも無料相談を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。
  • ちなみにこのエイチ・エス債権回収の「催告状」を持って来所されたご相談者様は時効が成立しました。

→【ご相談予約】はこちら