A はい。できるだけ過去の住所を調べておきましょう。電話番号も同様です。

情報が開示されるためには本人が開示請求書に記載した情報貸金業者等がJICCに登録した情報のうち次の3つが一致する必要があります。

1 氏名

旧姓の情報の開示を受ける場合は、旧姓が載っている戸籍謄本が必要です。

2 生年月日

これを忘れている人はいないと思います。

3 住所 or 電話番号(固定・携帯) or 運転免許証番号

  • 運転免許証番号は2010年に改正貸金業法が施行される前は登録が任意だったため、貸金業者等がJICCに登録していないことがあります。
  • 運転免許証の登録がないなら、貸金業者がJICCに登録したあなたの住所または電話番号と一致する必要があります。
  • どの住所、電話番号が登録されているかわからないことも多いと思いますので、可能な限り、たくさん記入しましょう。多い分にはかまいません。

関連動画

  • 音が出ますのでイヤホンをしてから再生してください。
  • 精神的に疲れていて文章が頭に入ってこない時は特に、動画がわかりやすいです。