• アイフルの「利息全額免除での一括返済案」圧着式のハガキか封筒で届きます。
  • 「◯月◯日までの期間限定 一括返済◯円のみで完済と致します。」「連絡が取れない場合等、止むを得ずお勤め先に連絡することもございますのでご了承ください」との記載があります。
  • 一括弁済すれば、利息と遅延損害金を免除するという案で、お客様に非常に有利だとも思えます。
  • 現在の請求内容欄に「約定弁済期日」の記載があると思います。
  • この「約定弁済期日」から5年以上経過していると消滅時効を援用することにより、全額、返済義務がなくなる可能性があります
  • ただし、5年以内に返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合は時効期間が過ぎていないと思われます。
  • 時効の可能性が少しでもありそうなら、アイフルに連絡する前にお近くの司法書士、弁護士にご相談下さい。
  • 大阪市北区にある当事務所(南森町駅1番出口から徒歩2分)に来所可能な方は、初回無料で当事務所にご相談いただけます。お気軽にお電話もしくはフォームからご予約下さい。
  • 債権者から届くハガキや文書は時効を検討する上での資料となりますので、全て捨てずに保管しておいて、相談時にご持参ください。

 

→『アイフル』へ消滅時効を援用したお客様の声はこちら