• アイフルの「督促状」は圧着式のハガキや封書で届きます。
  • 封書の場合、「債務承認兼申出書」が付いていることもあります。これに記入して返送すると債務承認の証拠となり、時効期間がリセットされてしまうでしょう。
  • <現在の請求内容欄>に「約定弁済期日」の記載があると思います。
  • この「約定弁済期日」から5年以上経過していると消滅時効を援用することにより、返済義務がなくなる可能性があります
  • アイフルに連絡する前にお近くの司法書士、弁護士にご相談下さい。
  • 大阪市北区にある当事務所に来所可能な方は、当事務所でも無料相談を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。
  • ただし、5年以内に返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合は時効期間が経過していないと思われます。
  • この「督促状」をお持ちになった方は時効が成立しました。

 

→『アイフル』へ消滅時効を援用したお客様の声はこちら