2件の消滅時効をお願いしました。

20年ぐらい前の借り入れで逃げる目的ではない引っ越しをくり返し3・4年に1回ハガキなどが来る状態でした。

その間に地道に信用を築く状態になってしまい、自分では

ブラックのハズなのになぜ審査が通るのだろう?

見つかったらどうなるのかな?

いつバレるのか?

いつかバレるだろう!

と悩んでいました。

このハガキがどの段階なのかどれぐらい危ないのかをちゃんと調べようと色々お話を聞いてるうちに、20年前の事なので実は知らないうちに裁判になっていて、延長され続けているのかもしれない!と思いましたが腹を決めました。

私ぐらいの年齢は、ネットの境目ぐらいの人が多いと思います

昔は知る事が困難の事が今は検索すれば記事に動画に多く有ります。

それぞれパターンは違いが有ると思いますが悩んでる方は、話を聞くだけでもいいと思うのです。

自分の為にも勉強にもなりますし。

今回は本当にありがとうございました。

相手方

  • アコム
  • アイフル
    • →時効成立

担当司法書士からのメッセージ

私も40代ですが、昔はインターネットはおろか、携帯電話すらありませんでした。
調べる手段はもっぱら書籍で情報は限られていました。
それが今では、だれでも、いつでも、手元のスマートフォンで検索すれば、世界中の情報を入手することができます。
情報がありすぎて混乱してしまう人も多いでしょう。
そんなときは、自分がこれだ!と思った人に実際に話しを聞いてみて、自分が気になっていること、心配していることをぶつけてみるのがいいかもしれません。
東京には大阪よりも多くの事務所がある中、大阪までご相談にお越しいただきありがとうございました。
無事解決できたことを私も喜んでおります。
お体に気をつけて、これからの人生を楽しんでください。
 
 

動画

  • 音が出ますのでイヤホンをしてから再生してください。
  • 西村が感謝の気持ちを込めて朗読しました。
【準備中】