A 契約はできますが、制約が大きいです。

ドコモの携帯電話利用料金について消滅時効を援用し、時効が成立すれば、支払い義務はなくなります。再びドコモと契約することはできるようですが、社内の記録は残っているので、契約には以下のような制約があると聞いております。

  • 端末代金の分割払いはできず、一括払いのみ。
  • 預託金(10万円程度?)を預ける必要がある。

預託金の金額など詳細は各ショップで確認下さい。まとまったお金が必要になるので、他のキャリアを検討したほうがよいかもしれません。