• アビリオ債権回収は、三洋信販、プロミス(現SMBCコンシューマーファイナンス)、レイク(現新生フィナンシャル)などから債権を譲り受けて請求してきます。
  • 「催告書」は『重要なお知らせ』と書かれた封筒で届くようです。
  • 「法的対応の検討に入りました」と書かれているかと思いますが、アビリオ債権回収は実際に裁判をしてくることが非常に多いです。
  • 債務の金額が書かれている欄に「支払期日」の記載があるかと思います。
  • その日付から5年以上経過していると消滅時効を援用することにより、返済義務がなくなる可能性があります。
  • その場合、アビリオ債権回収に連絡する前にお近くの司法書士か弁護士にご相談下さい。(大阪市北区にある当事務所に来所可能な方については、当事務所でも相談を受け付けております。)
  • ただし、5年以内にすこしでも返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合はまだ時効期間が経過していないと考えられます。
  • [備考]欄に「債務名義」や「裁判上の和解」の記載がある場合、裁判手続がなされており、時効期間がそこから10年になっている可能性が高いです。

→『アビリオ債権回収』へ消滅時効を援用したお客様の声はこちら

関連動画

  • 音が出ますのでイヤホンをしてから再生してください。
  • 精神的に疲れていて文章が頭に入ってこない時は特に、動画も合わせてご覧いただくとわかりやすいです。