• 三洋信販、プロミス(今のSMBCコンシューマーファイナンス)、レイク・GEコンシューマー・ファイナンス(今の新生フィナンシャル)などから債権を譲り受けて請求してきます。
  • 債権譲渡があっても、時効期間は延長されません。時効期間を考えるにあたっては、債権譲渡がなかった場合と同様とお考え下さい。
  • 「お電話のお願い」は圧着式のハガキで届くことが多いです。
  • 「お電話のお願い」には、譲渡人会社については書かれているものの、「支払期日」など時効の判断に有益な情報は書かれていないようです。
  • その場合は、記憶遡って、5年以上取引していないか思い出してみて下さい。
  • 5年以上取引をしていない場合、消滅時効を援用することにより、返済義務がなくなる可能性があります。アビリオ債権回収に連絡する前にお近くの司法書士か弁護士にご相談下さい。 (大阪市北区にある当事務所に来所可能な方は、当事務所でも無料相談を受け付けております。)
  • ただし、5年以内に少しでも返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合は除きます。
  • ちなみに上記のハガキをお持ち下さった方は消滅時効が成立しました。

 

→『アビリオ債権回収』へ消滅時効を援用したお客様の声はこちら

→【ご相談予約】はこちら