A 消滅時効は完成していないと考えられます。

裁判、支払い督促、調停で借金が確定すると消滅時効までの期間は5年から10年に伸びます。ご質問の件では、少なくとも最後の支払いから10年を経過していないので、消滅時効は完成していないと考えられます。