• 新生フィナンシャルの「今後の返済に関するご提案」には一括返済と分割返済の和解額、毎月の支払額、回数、ご回答期限が書かれています。
  • 一括返済も分割返済もあなたにとって有利な条件での提案になっているので、「良心的な会社だなあ。連絡してみようか。」と思われるかもしれません。
  • 「回答書」を返送するための返信用封筒も入っています。
  • しかし、冷静になって考えてみると、「長期間放置してきた自分になぜこんな有利な条件を提案してくるのだろう?もしかしたら、時効期間が経過しているか時効成立間際の債権で、こちらが連絡することにより時効の中断を狙っているのではないか」という推測ができます。
  • そこで、「今後の返済に関するご提案」の「ご契約内容」の欄を見ていただくと「お支払い約定日」が書かれていることがあります。
  • そこから5年以上取引がない場合、時効が成立する可能性がございますので、債権者に連絡する前に、お近くの司法書士、弁護士に相談してみて下さい。
  • 大阪市北区にある当事務所に来所可能な方は、当事務所でも無料相談を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。
  • ただし、5年以内に、返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合はまだ時効期間が経過していないと考えられます。
  • 時効期間が経過していても、回答書を返送したり、債権者に連絡して債務を承認するような発言をしてしまうと、時効が中断する恐れがありますので時効の可能性があるようでしたら、まずはご相談されることをおすすめします。

 

→『新生フィナンシャル』へ時効を援用し解決したお客様の声はこちら