• エム・ユー・フロンティア債権回収に委託して請求されることがあります。
  • 請求発生日(期限の利益喪失日)欄に記載がないときは、ご記憶を遡って5年以上取引がないか思い出してみて下さい。
  •  5年以上取引がない場合、時効が成立する可能性がございますので、債権者に連絡する前に、お近くの司法書士、弁護士に相談してみて下さい。
  •   ただし、5年以内に、返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合は除きます。
  •   時効期間が経過していても、債権者に連絡して債務を承認するような発言をしてしまうと、時効が中断する恐れがありますので時効の可能性があるようでしたら、まずはご相談されることをおすすめします。
  • 借金の消滅時効を成立させるためには、時効を援用(主張)する必要があります。勝手に時効は成立しません。