• 旧債権者:アエル(日立信販)→クリバース、タイヘイ→プロマイズなど
  • ティー・オー・エムは札幌に本店のある会社ですが、そこから依頼を受けた「通知配達担当者」として別会社の人間が訪問してくることがあります。
  • 不在の場合は、切手の貼っていない封筒で【御連絡のお願い】が投函されています。
  • 訪問以外にも請求書を度々送ってきているでしょうからその「返済期限」を見て下さい。
  • そこから約5年以上取引がない場合、時効が成立する可能性がございます。
  • ただし、5年以内に、返済していたり、和解を結んでいたり、10年以内に裁判手続をされている場合は除きます。
  • 5年過ぎる直前に督促状が届いた場合は、そこから6ヶ月時効期間が延長されることがあります。
  • 時効期間が経過していても、債権者に連絡して債務を認めるような発言をしてしまうと、時効が中断し、時効期間が0クリアされる恐れがあります。
  • 借金の時効を成立させるためには、適切に時効を援用(主張)する必要があります。時間が経てば自動的に成立する訳ではございません。
  • 時効の可能性があるようでしたら、まずはお近くの司法書士か弁護士にご相談されることをおすすめします。