「高橋裕次郎法律事務所から書類が届いてびっくりして何も考えられない!」

「封筒に弁護士の名前が何人も書いてあって、こわい。」

そんなあなたに向けて、時効の援用を専門的に取り扱っている司法書士が解説したページです。

 

弁護士法人高橋裕次郎法律事務所とは

多くの債権者から債権回収の依頼を受けて債権回収業務を行っている法律事務所です。

主な債権者

  • ソフトバンク株式会社(旧ワイモバイル㈱、イー・アクセス㈱)
  • アイフル株式会社
  • ジャックス債権回収サービス株式会社
  • エム・テー・ケー債権管理回収株式会社
  • その他、未納家賃の請求もあります。

高橋裕次郎法律事務所からの通知の外観

  • 「重要なお知らせ」
  • 「貴殿にとって大事な内容が含まれておりますから、かならず文書をご確認の上、ご対応ください。」
    と書かれた定型封筒で届きます。

高橋裕次郎法律事務所の「債権回収業務受任通知」の内容

以下のことが書かれています。

  • 債権者から依頼を受け、債権回収業務の任に当たることとなったこと。
  • 今後、窓口は高橋裕次郎法律事務所になること。
  • 東京弁護士会所属の弁護士法人であり、日本弁護士連合会のホームページで登録の確認ができること。
  • 不明な点、支払いに関する相談はいついつまでに事務所まで連絡ほしいこと。
  • 支払先

高橋裕次郎法律事務所の通知から時効を判断

  • 通知の下部<<ご契約内容>>に「債務弁済約定日」が書かれていることがあります。
  • 「債務弁済約定日」の日付から5年以上経過していると消滅時効を援用することにより、返済義務がなくなる可能性があります。
  • ただし、「債務弁済約定日」が記載されていないことや、記載されていても正確な日付ではないことがあります。その場合は、ご自身の記憶を優先して下さい。

時効にならないケース

以下のような場合は時効期間が過ぎておらず、時効が成立しないと考えられます。

  • 5年以内に返済している。
  • 5年以内に示談を結んでいる。
  • 5年以内に誓約書や確認書などの書類に記入している。
  • 5年以内に支払いの猶予を申し入れたことがあり、その証拠が相手側にある。
  • 10年以内に裁判をされて判決などの債務名義を取られている。  

高橋裕次郎法律事務所の通知が届いた時の対処方法

  • 時効になる可能性が少しでもあるようなら、高橋裕次郎法律事務所に連絡する前に司法書士、弁護士にご相談下さい。
  • 時効を援用(主張)することにより、元金・利息・遅延損害金を一切支払わずに解決できる可能性があります。
  • 時効が成立しない場合でも、司法書士、弁護士であれば、任意整理(分割返済の交渉)などの債務整理についてご相談いただけます。
  • 時効期間が過ぎているのに、高橋裕次郎法律事務所に連絡してしまうと債務を承認してしまい、時効の援用ができなくなる恐れがあります。通話は録音されている可能性もあります。
  • 債権者から届く文書は時効を検討する上での重要な資料となりますので、全て捨てずに保管しておいて、相談時にご持参ください。
  • 司法書士にご相談いただけるのは、元金が140万円以下の場合です。利息や遅延損害金を含んだ合計額は140万円を超えていても差し支えありません。
  • 元金の金額は<<ご請求内容>>の『元金残高』や請求内訳の『元金』の欄でご確認いただけます。

→『高橋裕次郎法律事務所』へ消滅時効を援用して成功したお客様の声はこちら

 

関連動画

  • 音が出ますのでイヤホンをしてから再生してください。
  • 声を聞いておくだけで相談するハードルがずいぶんと下がりますよ。