「法律事務所から『債権回収受託のご通知』が届いたけど、どうしたらいいかわからない。」

「ショートメッセージで請求されるのが困る」

このページはそんなあなたに向けて時効の援用を専門的に取り扱っている司法書士が書いています。

→【代表者の想い・プロフィール】はこちら

弁護士法人鈴木康之法律事務所とは

債権者から依頼を受けて債権回収を行っている複数の弁護士が所属する法律事務所です。

主な債権者

  • ㈱マールベリー・ワン(旧三和銀行(現三菱UFJ銀行)に旧三和信用保証(現三菱UFJ住宅ローン保証㈱)が代位弁済した債権を譲受。商品名:プラスワン・J10予約型など)

鈴木康之法律事務所からのハガキ、封筒

  • 「親展」「重要なご案内ですので必ずご開封ください。」と書かれた圧着式のハガキで届きます。
  • 「重要」「親展」と書かれた封筒で届くこともあります。

以下のHPに請求書の図による詳しい解説がなされています。

鈴木康之法律事務所の「債権回収受託のご通知」「警告書」「督促状」から時効を判断

  • 旧三和銀行のカードローンの場合、開いて右側、「1.受託債権の表示」の中に「代位弁済日」が書かれています。
  • 「代位弁済日」の日付から5年以上経過していると消滅時効を援用することにより、返済義務がなくなる可能性があります。
  • 「警告書」や「督促状」には代位弁済日が書かれていないことがあります。

時効にならないケース

以下のような場合は時効期間が過ぎておらず、時効が成立しないと考えられます。

  • 5年以内に返済している。
  • 5年以内に示談を結んでいる。
  • 5年以内に誓約書や確認書などの書類に記入している。
  • 5年以内に支払いの猶予を申し入れたことがあり、その証拠が相手側にある。
  • 10年以内に裁判をされて判決などの債務名義を取られている。  

鈴木康之法律事務所から通知が届いた時の対処方法

  • 時効になる可能性が少しでもあるようなら、鈴木康之法律事務所に連絡する前にお近くの司法書士、弁護士にご相談下さい。時効を援用(主張)することにより、元金・利息・遅延損害金を一切支払わずに解決できる可能性があります。
  • 時効が成立しない場合でも、司法書士、弁護士であれば、任意整理(分割返済の交渉)などの債務整理についてご相談いただけます。
  • 時効期間が過ぎているのに、不用意に鈴木康之法律事務所に連絡してしまうと債務を承認してしまい、時効の援用ができなくなる恐れがあります。通話は録音されている可能性もあります。
  • 債権者から届くハガキや文書は時効を検討する上での重要な資料となりますので、全て捨てずに保管しておいて、相談時にご持参ください。

消滅時効を援用したお客様の声

  • 「法律の専門家である弁護士が請求してくるくらいだから、時効にはならないのでは?」とお思いの方がいらっしゃいますが、弁護士から通知が届いても、当事務所から時効援用通知を送ることで消滅時効が成立したケースはたくさんございます。
  • 相手が弁護士事務所だからこそ、逃げずにご相談ください。

→『鈴木康之法律事務所』へ消滅時効を援用して成功したお客様の声はこちら

ご相談について

  • 大阪市北区にある当事務所(南森町駅1番出口から徒歩2分)に来所可能な方は、初回無料で当事務所にご相談いただけます。お気軽にお電話もしくはフォームからご予約下さい。
  • 司法書士にご相談いただけるのは、元金が140万円以下の場合です。利息や遅延損害金を含んだ合計額は140万円を超えていても差し支えありません。
  • 元金の金額は旧三和銀行のカードローンの場合、「1.受託債権の表示」の『代位弁済金額の欄でご確認いただけます。

→【ご相談予約】はこちら