「裁判所からの呼出状に答弁書を提出するよう書かれているが、自分では対応できそうにない。。。」

「訴状が届いた後、ギルドから『裁判外での和解を希望する場合・・・』という手紙が届いたのだが、どうしたらいいの?」

このページはそんなあなたに向けて時効の援用を専門的に取り扱っている司法書士が書いています。

→【代表者の想い・プロフィール】はこちら

ギルドの元債権者

  • 元々の債権者は信和(スマイル)、山陽信販、ハッピークレジット(スカイ)、トライト、ヴァラモスなどです。

ギルドのHP

次のHPが株式会社ギルドのHPだと思われます。

ギルドの訴状

  • ギルドが訴訟を起こすと、大阪簡易裁判所から訴状が届きます。
  • ギルドは時効期間が経過している場合でも裁判を起こしてくることがよくあります。
  • 裁判所からの訴状は「特別送達」といって、書留のように受取る時に印鑑が必要な郵便で届きます。
  • 留守中に配達があった場合は郵便局の不在連絡票が入っていますので、保管期限内に必ず受領して下さい。
  • 保管期限内に受領しないと裁判所へ返送され、付郵便送達といって、裁判所から書留郵便で発送したことをもって送達された扱いとなり、欠席裁判がなされる恐れがあります。

ギルドの訴状が届いたときにやるべきこと

1.ギルドの訴状から消滅時効を検討する

  • 訴状の【請求の原因】の中に『期限の利益を失った日』が記載されています。
  • また、【計算書】から『最後の取引日』がわかります。
  • 『期限の利益を失った日』、『最後の取引日』の新しい方から5年以上経過している場合、答弁書などで時効を主張することにより、消滅時効が成立する可能性がございます。

→【Q 消滅時効って何ですか?】はこちら

2.時効中断事由がないか思い出す

以下のような時効中断事由(時効期間が0クリアされる要因)がある場合は時効期間が過ぎておらず、消滅時効が成立しないと考えられます。

昔のことでよく覚えていないかも知れませんが、少し思い出してみてください。

  • 5年以内に返済している。
  • 5年以内に示談や和解を結んでいる。
  • 5年以内に誓約書や確認書などの書類に記入している。
  • 5年以内に支払いの猶予を申し入れたことがあり、その証拠が相手にある 。
  • 10年以内に裁判手続をされている。

→【Q 時効の中断って何ですか?】はこちら

3.ギルドの訴状を持って司法書士・弁護士に相談する

  • ギルドに連絡する前に司法書士か弁護士に連絡して相談予約をお取りください。
  • 答弁書等で消滅時効を援用(主張)することにより、元金・利息・遅延損害金を一切支払わずに解決できる可能性があります。
  • 裁判期日までに答弁書を提出する必要があるので、すぐにご相談ください。

ギルドから訴状が届いた時にやってはいけないこと

1.慌ててギルドに電話する

  • 不用意に連絡してしまうと、債務を承認してしまい、時効の援用ができなくなる恐れがあります。
  • 通話は録音されている可能性があります。
  • ナンバーディスプレイであなたの電話番号が知られてしまい、文書以外にも電話で頻繁に督促されるようになります。
  • 時効という制度があることを知らずに電話してしまった方も、会話内容によっては時効が成立する余地が残っているかもしれませんので、あきらめずに時効を援用してみるべきです。

2.ギルドからの訴状を受領しない、無視する、放置する

  • 時効期間が経過している借金であっても、裁判所の訴状や呼出状を受領しなかったり、無視して放置すると、裁判所でギルドの請求が認められ、時効期間が裁判確定から10年になります。
  • 裁判が確定すると、預金や給与を差押えられたり、動産執行といって家に執行官がやってきて家にある金目の物を差押えられたりする恐れがあります。
  • ギルドは実際に差押を行っているようです。

3.見よう見まねで答弁書を提出する

  • 「分割払いを希望する」と書いた答弁書を提出すると債務承認があったとして時効が使えなくなるおそれがあります。

4.訴状の後に届くギルドからの手紙に記入して返送する

  • 訴状と前後して「裁判外での和解(訴訟取下げ)等、任意での解決をご希望の場合・・・」と書かれた書類が届くかもしれません。
  • この書類に返済の希望を書いて返送すると債務承認となり、時効援用ができなくなる恐れがあります。
  • 勤務先等を記入

当事務所へ依頼するメリット

1.裁判対応も全て任せられる

簡裁訴訟代理業務の認定を持った司法書士は、簡易裁判所の事件について依頼者の代理人となって裁判手続が行えます。

当事務所に依頼すれば、認定を持った司法書士があなたの代理人となって裁判対応を行いますので、あなたが裁判所に行く必要はありません。

2.時効が成立したかどうかしっかり確認する

裁判が取下げられただけで安心することなく、当事務所からギルドへ連絡して、あなたへ請求が二度と来ないよう社内処理が時効で完了したか確認を取り、確認日時を書類でご報告します。

3.時効が成立しなかった時は債務整理について相談できる

  • 時効が成立しなかった場合は、ご希望により、自己破産申立書や個人再生申立書作成を行います。(個人再生とは簡単にいうと、8割減額してもらった借金を原則3年間の分割払いで支払う手続きです。詳しくは【債務整理のページ・個人再生】をご覧ください。)

依頼するデメリット

費用がかかる

どこの事務所でもそうですが、手続きに着手するには費用がかかります。

→【当事務所の手続き費用について】はこちら

 

時効援用の結果が出るまでの期間

  • 裁判後のギルドの対応は早く、時効援用に反論がない場合は、答弁書等で時効を援用してから1週間程度で裁判は取下げられます。

ギルドへの時効の援用と個人信用情報

  • ギルドは貸金業を廃業しており、個人信用情報機関に加盟していませんので、情報の掲載は元々ありません。

ギルドへ消滅時効を援用し成功したお客様の声

  • 不安で夜も眠れないくらい悩んでいるのなら、その悩んでいる時間を少しだけ司法書士・弁護士に相談する時間に充てて下さい。
  • 「お客様の声」をお読みいただければ、相談する勇気が湧くかもしれません。

→『㈱ギルド』へ時効を援用し解決したお客様の声はこちら

当事務所へのご相談について

  • 初回相談料は無料です。
  • 司法書士にご相談いただけるのは、元金が140万円以下の場合です。利息や遅延損害金を含んだ合計額は140万円を超えていても差し支えありません。
 
 

関連動画

  • 音が出ますのでイヤホンをしてから再生してください。
  • 訴状が届き、気が動転している人も動画だったら頭に入るかも知れません。