「ギルドから返済相談通知が届いた。差し押さえがこわい!」

「ギルドに電話して返済の相談をするのが得策なの?」

あなたはギルドから返済相談通知が届き、ギルドに電話するかどうか迷っているかもしれません。

しかし、ギルドからの請求は、条件を満たしていれば【時効の援用(えんよう)】により、一切ギルドに支払わずに解決できます。このページは迷っているあなたが取るべき対策について時効の援用を専門的に取り扱っている司法書士が解説しています。

→【代表者の想い・プロフィール】はこちら

ギルドの元債権者

  • 元々の債権者名は信和(スマイル)、山陽信販、ハッピークレジット(スカイ)、トライト、ヴァラモスなどです。

ギルドのHP

次のHPが株式会社ギルドのHPだと思われます。

ギルドの「返済相談通知」の内容

  • 差押えなどにより取引を整理します。
  • 事情があると察するので再度相談を受付ます。
  • ご相談期間は1週間
    というような内容が書かれています。

時効の援用で解決するための条件

時効の援用により解決するための条件は次の3つです。
時効が成立すれば、ギルド側に元金・利息・遅延損害金を一切支払うことなく解決できます。

  1. 時効期間が経過している。
  2. 時効中断事由がない。
  3. 時効を援用する。

あなたが取るべき対策

時効期間が過ぎていることを確認する

  • 「返済相談通知」の本書作成時点での残存債務の額の「約定返済日」を見て下さい。
  • 「約定返済日」から5年以上過ぎているときは、時効を援用(主張)することにより、消滅時効が成立する可能性がございます。
  • 裁判をやられている場合は、裁判確定から10年以上経過している必要があります。

→【Q 消滅時効って何ですか?】はこちら

時効中断事由がないか思い出す

以下のような時効中断事由(時効期間が0クリアされる要因)がある場合は時効期間が過ぎておらず、消滅時効が成立しないと考えられます。

昔のことでよく覚えていないかも知れませんが、少し思い出してみてください。

  • 5年以内に返済している。
  • 5年以内に示談や和解を結んでいる。
  • 5年以内に誓約書や確認書などの書類に記入している。
  • 5年以内に支払いの猶予を申し入れたことがあり、その証拠が相手にある。
  • 10年以内に裁判手続をされている(債務名義を取られている)。

→【Q 時効の中断って何ですか?】はこちら

→【Q 債務名義って何ですか?】はこちら

自分で時効を援用するのが不安な場合は司法書士、弁護士に依頼する

  • 自分で時効を援用するのが不安だったり、時間がない場合は、ギルドに連絡する前に司法書士か弁護士に時効の援用を依頼します。
  • 法律的に正しい文章で、確実な方法で時効を援用し、ギルドに対して反論がないかの確認まで代理でやってもらえるはずです。
  • お支払期限が迫っていると思いますので、できるだけお早めにご相談ください。

やってはいけないこと

慌ててコールセンターに電話する

  • 不用意にギルドに連絡してしまうと、債務を承認してしまい、時効の援用ができなくなる恐れがあります。
  • 通話は録音されている可能性があります。
  • ナンバーディスプレイであなたの電話番号が知られてしまい、文書以外にも電話で頻繁に督促されるようになります。

届いた書類を捨てる

  • 届いた書類は、時効を検討する上での重要な資料となりますので、全て捨てずに保管しておいて、司法書士や弁護士に相談する際にお持ちください。

ギルドの返済相談通知を無視する・放置する

  • たとえ時効期間が過ぎていても、時効を援用(主張)するまでは借金は残っていますので、文書、電話、訪問等で督促が続きます。
  • 遅延損害金は解決するまで、毎日増え続けます。
  • 裁判所に訴訟を起こされる可能性があります。
  • 判決等が確定すれば、給料やあなたの自宅内の物を差し押える強制執行(国が強制的にあなたの財産から回収する手続き)を受ける可能性があります

時効援用が成功した時

  • 時効が成立したときは、特にギルドから連絡はありません。こちらから確認の連絡を入れると「時効で処理しました」との回答が得られます。
  • 時効を援用してから時効成立の確認が取れるまでの目安は約1ヶ月です。

時効が成立しなかった時

  • 時効が成立しないケースで一番多いのは、判決を取られており、判決確定後10年経過していないケースです。
  • 判決を取られている場合は、判決書の写しをギルドに請求して、内容を確認します。
  • 遅延損害金の減額交渉や分割返済の交渉(任意整理といいます。)は相手方が応じないと成立しません。相手がギルドの場合、一切応じない方針のようです。
  • 任意整理ができない場合は、自己破産申立書や個人再生申立書作成を行います。(個人再生とは簡単にいうと、8割減額してもらった借金を原則3年間の分割払いで支払う手続きです。詳しくは【債務整理のページ・個人再生】をご覧ください。)

消滅時効を援用し成功したお客様の声

  • 不安で夜も眠れないくらい悩んでいるのなら、その悩んでいる時間の一部を専門家に相談する時間に充てて下さい。
  • 「お客様の声」をお読みいただければ、相談する勇気が湧くかもしれません。

→『ギルド』へ消滅時効を援用し成功したお客様の声はこちら

当事務所へのご相談について

当事務所は時効の援用を専門的に取り扱っており、ギルドに対する時効の援用を多数手がけておりますので、お気軽に相談予約をお取りください。

大阪から遠方にお住まいの方は無料のLINE通話相談をご利用ください。

あきらめるのは、無料相談を受けてからでも遅くはありません。

→【ご相談方法について】はこちら

関連動画

  • 音が出ますのでイヤホンをしてから再生してください。
  • 精神的に疲れていて文章が頭に入ってこない時は特に、動画も合わせてご覧いただくとわかりやすいです。