法的措置

「オリンポス債権回収から『法的措置予告通知』が届いたけど何これ?」

「法的措置に移行すると書いてあるけどまさか本当に裁判されることなんてないよね?」

「裁判されるのは絶対に嫌だ!」

「法的措置」なんて書かれると裁判にかけられるのではないかと不安になりますよね。
残念ながら、オリンポス債権回収の法的措置予告通知を無視していると、裁判を起こされることが本当にあります
しかし、オリンポス債権回収からの請求は、条件を満たせば「時効の援用(えんよう)」という方法をすぐに取ることで借金が消滅し、裁判を回避できます。

このページは法的措置予告通知が届いて不安になっているあなたに向けて時効についての相談を毎日お受けしている司法書士がわかりやすく解説したページです。
落ち着いて最後までお読みいただければあなたがやるべきこと・やってはいけないことがわかります。

→【司法書士西村竜也の想い・プロフィール】はこちら

無料相談予約はLINEから

無料相談をご希望の方は「友だち追加」ボタンからお気軽に予約をお取り下さい。

【土日】も相談可友だち追加【着手金1000円引き】クーポン配布中

オリンポス債権回収とは

オリンポス債権回収株式会社は札幌市に本店のある、法務大臣の許可を受けたサービサー(債権回収会社)です。

オリンポス債権回収の所在・許可番号

社名 オリンポス債権回収株式会社
業種 特定金銭債権の管理および回収
所在地
【本社】〒062-0020 北海道札幌市豊平区月寒中央通7丁目6番20号JA月寒中央ビル
【支店】〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目27番14号 サン・キツカワビル7階
設立 平成12年9月12日
認可番号 法務大臣許可 第41号

引用元:オリンポス債権回収株式会社組織概要

なぜオリンポス債権回収が請求してくるの?

あなたが借りた会社が債権を譲渡して(売っぱらって)他の会社に債権が移り、買い取った会社がオリンポス債権回収に取り立てるように依頼しています。

具体的には次のようなパターンがあります。

  • ユニマットライフ、アイク、ディック、CFJなどの債権が、ラックスキャピタルに債権譲渡され、ラックスキャピタルが債権の管理回収をオリンポス債権回収に委託。
  • アプラスの債権が合同会社OCCに譲渡され、OCCからオリンポス債権回収に債権回収を委託。
  • アプラスの債権が吸収分割によりアプラスパーソナルローンに承継され、MKゼータへ債権譲渡、MKゼータが債権の管理回収をオリンポス債権回収に委託。
  • 武富士の債権が株式会社キュ・エルに譲渡され、キュ・エルがオリンポス債権回収に委託。
  • ニッシンの債権がブルーホライゾン債権回収→MK.インベスターズに譲渡、MK.インベスターズがオリンポス債権回収に債権回収を委託。
  • 新生フィナンシャルの債権がアルファ債権回収に譲渡、その後オリンポス債権回収へ譲渡。
  • PayPayカードの債権が合同会社紫雲に譲渡され、同日、合同会社紫雲がオリンポス債権回収に債権回収を委託。

法的措置予告通知の意味

法的措置予告通知とは、本当に簡単に言うと、「支払わないなら、裁判所に訴えるよ。」という通知です。

オリンポス債権回収の場合は、実際に、支払督促という裁判手続きを申し立てることが多いです。

オリンポス債権回収の法的措置予告通知

オリンポス債権回収の法的措置予告通知には、以下のように記載されており、「裁判が嫌だったら、支払について連絡してほしい」という内容になっています。

「法的手段による解決を回避し、これ以上の事態の悪化を防ぐためにも、下記【請求債権に関する表示】欄記載の請求債権合計額のお支払について、本状到着後、速やかに上記連絡先担当者までにご連絡下さいますよう改めてお願い致します・・・」

裁判の可能性をちらつかせて、本人に連絡させ、時効期間が過ぎている借金であっても債務承認させて、時効の援用を不可能にするという狙いが見えます。

あなたのやるべきこと

オリンポス債権回収からの通知を見て時効期間が過ぎていることを確認する

オリンポス 最終約定弁済期日

  • 見ていただきたいのは、【請求債権に関する表示】欄の「最終約定弁済期日」の記載です。
  • その日付から約5年以上取引がない場合消滅時効を援用(主張)することにより、返済義務がなくなる可能性があります。

→【Q 消滅時効って何ですか?】はこちら

時効更新(中断)事由がないか、チェックする

以下のような時効更新(中断)事由(時効期間が0クリアされる要因)がある場合は時効期間が過ぎておらず、消滅時効が成立しないと考えられます。

昔のことでよく覚えていないかも知れませんが、少し思い出してみてください。

  • 5年以内に返済している。
  • 5年以内に示談を結んでいる。
  • 5年以内に誓約書や確認書などの書類に記入している。
  • 5年以内に支払いの猶予を申し入れたことがあり、その証拠が相手にある。
  • 10年以内に裁判手続をされている。

→【Q 時効の更新(中断)って何ですか?】はこちら

司法書士・弁護士の相談予約を取る

  • オリンポス債権回収に連絡する前に司法書士か弁護士に連絡して相談予約をお取りください。
  • 消滅時効を援用(主張)することにより、元金・利息・遅延損害金を一切支払わずに解決できる可能性があります。
  • 実際に訪問を受けた事例や支払督促が届いた事例が報告されています。できるだけお早めにご相談ください。
  • 相談先はHPにオリンポス債権回収についての記載がある事務所に相談すると話が早いです。

やってはいけないこと

✕慌ててオリンポス債権回収に電話する

  • 通知に驚きあわてて電話してしまう方が少なからずいらっしゃいます。
  • しかし、不用意にオリンポス債権回収に連絡してしまうと、債務を承認してしまい、時効の援用ができなくなる恐れがあります。
  • 通話は録音されている可能性があります。
  • ナンバーディスプレイであなたの電話番号が知られてしまい、文書以外にも電話で頻繁に督促されるようになります。

✕届いた書類を捨てる

  • 届いた書類は、時効を検討する上での重要な資料となりますので、捨てずに保管しておいて、司法書士や弁護士に相談する際にお持ちください。

✕身に覚えがないからと詐欺や架空請求だと決めつけて無視する・放置する

詐欺や架空請求だと決めつけて無視したり放置したりすると、正当な請求だった場合には次のような不都合が生じます。

  • 文書、電話、訪問により督促が続きます
  • 遅延損害金は解決するまで、毎日増え続けます
  • 実際に、訪問を受けることがあります。
  • 裁判所に支払督促を申し立てられることがあります。


給料やあなたの自宅内の物を差し押える強制執行(国が強制的にあなたの財産から回収する手続き)を受ける可能性があります

請求してきた会社が法務大臣の許可を受けたサービサーであるオリンポス債権回収の場合は、架空請求だと決めつけずに

  1. 司法書士や弁護士に書類を見せて相談する
  2. 司法書士や弁護士に債権調査を依頼してオリンポス債権回収に対し、請求の根拠となる「契約書の写し」や「取引の資料」の提出を求める

などの対応を取るべきです。

司法書士や弁護士に依頼するメリット

(1)オリンポス債権回収からの取立てが止まる

受任通知や時効援用通知を送ることで窓口が司法書士や弁護士事務所になり、入れ違いをのぞき、請求が来なくなります。

(2)時効期間が過ぎているかわからない時は、取引の詳細を調べてもらえる

取引履歴を請求することで、最後に取引した日付を含め、取引の詳細がわかります。

(3)代理人名で時効を援用(主張)する

あなたの代わりに時効援用通知書をただ作成するのではなく、代理人名で時効援用通知書を作成し送付します。

代理人として時効を援用しますから、相手方に反論がある場合、相手方の反論は当事務所が受けます。

あなたが相手方からの反論を直接受ける必要はありません。

(4)時効が成立したかどうか確認してもらえる

時効援用通知を送るだけでなく、オリンポス債権回収に時効が成立したか(時効の援用に反論がないか)まできちんと確認してもらえます。

当事務所ではオリンポス債権回収から以下のいずれかの書類を入手するようにしています。

  • 契約書の原本
  • 債務不存在証明書

(5)時効が成立しなかった時は債務整理により解決してもらえる

  • 時効が成立しなかった場合、遅延損害金の減額交渉や分割返済の交渉(任意整理といいます。)を試みます。
  • 任意整理ができない場合や分割払いでも3年から5年の間に完済の目処が立たない場合は、自己破産申立書や個人再生申立書作成を行います。(個人再生とは簡単にいうと、8割減額してもらった借金を原則3年間の分割払いで支払う手続きです。詳しくは【債務整理のページ・個人再生】をご覧ください。)

司法書士や弁護士に依頼するデメリット

費用がかかる

司法書士や弁護士に依頼するデメリットは手続費用がかかることだけです。
それ以外のデメリットはありません

専門家に依頼すれば、時効を援用する際に債務を承認してしまい、時効期間がリセットされてしまう危険もありません。

→【当事務所の手続き費用について】はこちら

時効援用の結果が出るまでの期間

  • オリンポス債権回収へ時効を援用してから2週間程度で結果がわかります。

消滅時効を援用したお客様の声

あなたと同じように請求を受け、あなたよりも先に解決して落ち着いた生活を取り戻した「お客様の声」です。
お読みいただければ、あなたも解決した後の自分の姿が想像できるでしょう。

こんなに早く解決するなら早く相談すればよかったと思いました【栃木県 30代 女性】

すごく悩んでいた所に西村先生のHPを見つけて勇気を出して連絡しました。

初めての事なので緊張しましたが、親切に説明などをして頂き時効を成立してくださいました。

こんなに早く解決するなら早く相談すればよかったと思いました。

西村先生には感謝です。

ありがとうございました。

→『オリンポス債権回収㈱』へ時効を援用した他の口コミはこちら

 

ご相談について

当事務所はオリンポス債権回収に対する時効の援用を多数手がけております。

「借金が時効で消滅するなら、手続きしたいけど・・・」
「時効にならないのなら費用のかかる手続きはしたくない・・・」
こうした悩みをお持ちの方は、次の「友だち追加」ボタンから気軽に無料相談予約をお取り下さい。
無料相談では、あなたが受け取った通知書を基に、司法書士が丁寧に状況をヒアリングし、借金が時効で消滅する可能性について詳しくご説明いたします。
時効による解決が見込める場合に限り、そこから先の手続きについてお任せ頂ければと思います。

【土日祝】も相談可友だち追加【着手金1000円引き】クーポン配布中

※LINEをご利用でないお客様はフォームからご予約いただけます。
LINE・フォームのどちらも利用できないお客様は電話受付時間内(平日9:30~18:00)お電話で相談希望日時をお知らせ下さい。

どこに相談してよいかわからないお客様へ

このHPを見て下さったのも何かの縁です。
まずは、当事務所への相談を検討してみてはいかがでしょうか。
他のお客様が当事務所を選んで下さった理由は以下のページからご確認いただけます。

関連動画

  • 音が出ますのでイヤホンをしてから再生してください。
  • 精神的に疲れていて文章が頭に入ってこない時は特に、動画も合わせてご覧いただくとわかりやすいです。