「アコムから【催告書】【一括返済のお願い】が届いたけど、もう分割払いはできないのかな?」

「ずいぶん昔の借金だから、時効になったら助かるのに・・・」

このページはそんなあなたに向けて時効の援用を専門的に取り扱っている司法書士が書いています。

→【代表者の想い・プロフィール】はこちら

請求書の形式

  • アコムの「催告書」「一括返済のお願い」は圧着ハガキで届くことが多いです。
  • 封筒で届くこともあります。
  • 転送不要、親展と宛名面に書かれています。

文面

  • 「前略 このたび、お客さまは期限の利益を喪失し、約定に基づく分割払いによるご返済ができなくなりました。つきましては、下記の残債務を◯年◯月◯日までに一括してご返済をお願い申し上げます。」
  • 「もし、ご返済がない場合には、裁判所に法的手続きを申し立てた後、給与差押等の強制執行をすることがあります。」という文面です。
  • タイトルが「催告書」となっている場合と「一括返済のお願い」となっている場合があります。

※前略の後が「裁判所を通じた法的手続きにより」と記載されている場合は次の記事をご覧ください。

→アコムから「催告書」が届いたケース ・その2【債務名義(支払督促)あり】

※前略の後が「裁判所を通じて調停(和解)が成立し」と記載されている場合は次の記事をご覧ください。

→アコムから「催告書」が届いたケース・その3 【債務名義(調停・和解)あり】

 

あなたのやるべきこと

時効期間が過ぎていないか、「催告書」の内容をチェックする

  • 「区分」の欄、「ローン(キャッシング)」や「ショッピング(クレジット)」の下に「返済期日」の記載があると思います。この「返済期日」から5年以上過ぎていると消滅時効が成立する可能性があります。
  • 消滅時効は自動的に成立する訳ではなく、借主側から「時効を援用(時効を主張すること)」する必要があります。

→【Q 消滅時効って何ですか?】はこちら

時効中断事由がないか、チェックする

以下のような時効中断事由(時効期間が0クリアされる要因)がある場合は時効期間が過ぎておらず、消滅時効が成立しないと考えられます。

昔のことでよく覚えていないかも知れませんが、少し思い出してみてください。

  • 5年以内に返済している。
  • 5年以内に示談や和解を結んでいる。
  • 5年以内に誓約書や確認書などの書類に記入している。
  • 5年以内に支払いの猶予を申し入れたことがあり、その証拠が相手にある。
  • 10年以内に裁判手続をされている。

→【Q 時効の中断って何ですか?】はこちら

司法書士・弁護士の相談予約を取る

  • アコムに連絡する前にお近くの司法書士か弁護士に連絡して相談予約をお取りください。
  • 消滅時効を援用(主張)することにより、元金・利息・遅延損害金を一切支払わずに解決できる可能性があります。
  • 一括返済の期限が迫っていると思いますので、できるだけお早めにご相談ください。

やってはいけないこと

慌てて電話する

  • 不用意に連絡してしまうと、債務を承認してしまい、時効の援用ができなくなる恐れがあります。
  • 通話は録音されている恐れがあります。
  • ナンバーディスプレイであなたの電話番号が知られてしまい、文書以外にも電話で頻繁に督促されるようになります。

届いた書類を捨てる

  • 届いた書類は、時効を検討する上での重要な資料となりますので、全て捨てずに保管しておいて、司法書士や弁護士に相談する際にお持ちください。

アコムからの通知を無視したり放置するとどうなる?

以下の可能性があります。

  • 通知が届き続ける。(月1~2回届くようです。遅延損害金は解決するまで、毎日増え続けます。)
  • 電話がかかってくる。
  • 裁判所に支払督促などを申し立てられる。
  • 支払督促や判決が確定すれば給料やあなたの自宅内の物を差し押える強制執行(国が強制的にあなたの財産から回収する手続き)を受ける可能性があります

時効を援用するには

  • 配達証明付き内容証明郵便で時効援用通知書を送付します。
  • 時効援用の形式は特に法律で定められていませんが、「時効援用通知の内容」と「時効援用通知が到着したこと」を証明できるように上記の方法で送付するのが確実です。

時効援用後、時効が成立した時

入手できる書類

  • 以前は契約書の返還を受けていましたが、現在は対応していないようです。
  • 時効援用通知に「債務不存在証明書」の発行を希望する旨記載しておくことで発行を受けられているます。

解決までの目安

  • 時効援用通知書を送付してから債務不存在証明書が届くまでの目安は1~2週間です。

時効が成立しなかった時

  • 時効が成立しないケースで一番多いのは、支払督促が確定して10年経過していないケースです。
  • 支払督促を起されている場合は、写しをアコムに請求して、内容を確認します。
  • 遅延損害金の減額交渉や分割返済の交渉(任意整理といいます。)を行います。
  • 3~5年の分割払いでも完済の目処が立たない場合は、自己破産申立書や個人再生申立書作成を行います。(個人再生とは簡単にいうと、8割減額してもらった借金を原則3年間の分割払いで支払う手続きです。詳しくは【債務整理のページ・個人再生】をご覧ください。)

アコムへ消滅時効を援用をして成功したお客様の声

実際に当事務所からアコムへ消滅時効の援用を行うことで解決されたお客様がたくさんいらっしゃいます。
時間の許す限りお読みいただければ、相談する勇気が湧くかもしれません。

→『アコム』へ消滅時効を援用して成功したお客様の声はこちら

アコムへの時効援用についてのご相談

  • 大阪市北区にある当事務所(南森町駅1番出口から徒歩2分)に来所可能な方は、初回無料で当事務所にご相談いただけます。どうぞお気軽にご予約をお取りください。
  • 元金が140万円以下の場合にご相談いただけます。利息や遅延損害金を含んだ合計額は140万円を超えていても問題ありません。
  • 元金の金額は「残債務金額」の「貸付金残高」または「リボルビング残高」の欄でご確認いただけます。

→【当事務所への相談方法】はこちらをご覧ください

関連動画

  • 音が出ますのでイヤホンをしてから再生してください。
  • 精神的に疲れていて文章が頭に入ってこない時は、動画も合わせてご覧いただくとよりわかりやすいです。